読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子高生という名のブランドを背負う。

思ったこととか、自由に書き連ねる。

危惧していたといえばしていたのかもしれない。

そう。

文化祭というものがある。

準備のために一日まるまる費やして、当日は友達同士で思い思いの過ごし方をする。

ぼっちの私はどうしてたらいいのか。

考えるのを忘れていた。

困ったものだ。

集団行動(イミのない)が嫌いな私にとってそういうものにはなるべく関わりたくないのだ。

ずっとクラスにいたいものの、男子は男子、女子は女子で時間配分(お店番)が決まっているもので入れそうもない。

本当にどうすればいいのだろう。

特に三年生のお店用のチケットを買ったわけでもない。

これは困った。