読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子高生という名のブランドを背負う。

思ったこととか、自由に書き連ねる。

文化祭目二日目

 なんということでしょう。

二日目は私の楽園、つまり控え室にシフトがない人(仕事する気がない人)は入室禁止になった。

困ったのでバザーに行って本を買って(これまた10円)とりあえずトイレにこもることにした。

そこで事件は起こった。

先生がトイレに入ってきて(もちろん私は個室なので先生の顔はわからないし、誰が何してたのかもよく判らなかった)「はい、携帯出してね」なんていうのだ。

つまり、携帯没収である。

トイレは先生が来ない場所(と思われる)なので安心して携帯を使ってた生徒がいたらしく没収されていた。

とりあえず指導部行こうかなんて言って。

あ、怖いなって思った。

私も個室の中ではあるものの、ウオークマンで音楽聴きながらの読書だったのでかなりひやりとした。

しばらくトイレでやり過ごし、自分の仕事の時間に教室に戻りとりあえず適当でいいからって接客をした。

その後昼食を食べて野外ステージ(楽しみにしていた)を見たが的外れでショックだった。

やることがなくなり途方にくれていたが、控え室を見るとガラ空き。

教室自体に客もほぼいなく、使いたい放題(サボってる人もいた)だったのでもう教室に居ることにした。

最初の方は読書をしていたが、友達がきて喋りかけてきたので二時間ほどしょうもないこと喋った。

数学とかいらないよね、だの○○先生(その時は呼び捨てではあるが)嫌いだの。

こういうのもたまにはいいかもしれないと思った。

 

最近やけに本が読みたいと思っていたのだが、今日気づいたのだ。

もしかして読書の秋なのかもしれないなと。

なので図書室に入ってみようかなと思った。