読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子高生という名のブランドを背負う。

思ったこととか、自由に書き連ねる。

teacher

国語の先生がかわる。

ちなみにこれで二回目。

こんなことってあっていいのかわからないけれども、私はいけないと思う。

やっと二人目の先生の授業になれたと思ったらまた先生が代わるなんて思ってもいなかった。

最初に担当してた先生が今の先生(二人目)の代わりで、というのも

二人目の先生(以下K氏)が体調を崩してしまったらしく代打として一人目の先生が来た。

その次に復帰したらしくK氏になったのだが、また体調を崩したらしくK氏の代打なのか、もうそのままK氏は辞めなのか知らないが三人目の先生に変わるらしい。

正直コロコロ変えられたら生徒も困ると思う。先生によって授業の進め方、黒板の書き方は全く違うからそれに慣れるまでに時間はかかるものだと思ってる。

せめてK氏がダウンしたこの二回目の先生の変更は新たな三人目の先生じゃなくて一人目の先生に戻してくれれば幾分か許せたのだが・・・・・・。

何はともあれ明日。

どんな先生なのか誰も知らないから国語の時間に緊張の糸がぴーんと張り巡らされ生徒も、先生も互を値踏みし合う、そんな授業になるはずだ。

うちのクラスにもムードメーカーのような人がいて、勉強もできる方なのでちゃんと考えて先生にちょっかいを出す。

私はそれを頼りにどんな先生なのか、舐めてかかってもいいのか、それとも中学校の国語の先生のように滅茶苦茶怖い先生だから気を張り続けるべきなのか決めようと思う。